千葉ツーリングで絶対に行くべき場所おすすめ5選をご紹介

千葉ツーリング
Pocket

この記事を読まれている方は、千葉県へバイクツーリングに行こうとプランを考えて悩まれている方なのではないでしょうか。

しかし、初めて走りにいく千葉県で快適に走れる道やルート / 道路状況 / おすすめのビュースポット / 休憩出来る場所がわからずに困っていることと思います。

どんなに情報を調べても初めて走る場所や道は不安ですよね。

そこでこの記事では、初めての千葉ツーリングの計画でどこにいったら良いかを悩んでいる方に向けて、千葉ツーリングでおすすめの場所を5つ厳選してご紹介させていただきますので、是非参考にしてください。

鹿野山

鹿野山九十九谷展望公園

千葉ツーリングでオススメの場所の1つ目は、鹿野山です。
千葉県道93号線は標高379mの鹿野山を通る道で、鹿野山は千葉で三番目に高い山です。

千葉の峠と言えばこの場所という場所で、ルート途中のマザー牧場周辺からの景観がとても綺麗で天気の良い日はツーリング気分満点。

千葉ツーリングで行く場所に悩まれている方におすすめのツーリングスポットです。

鹿野山の路面状況とアクセス方法

[ 道路状況 ]
センターラインが無いですが、道幅が広いので大型車とのすれ違いも容易にできます。

路面が荒れている個所はありませんが、少し登り下りがきつい個所がありますので速度に注意してください。
※千葉県道93号線はマザー牧場への観光ルートですので混雑することがあります

[ 目的地までのルート ] 
国道127号線湊交差点を左折⇒千葉県道93号線(国道465号線)更和交差点を 鹿野山 方面へ左折⇒千葉県道93号線鹿野山方面へ 

所要時間:約30分
※詳細ルートは下記Google Mapsをご確認ください。

[ Google Maps ] 
https://goo.gl/PR9u0R

鹿野山のおすすめスポット

おすすめスポット 1

[ 施設名 ] 
九十九谷展望公園

[ 施設の説明 ]
九十九谷展望公園は九十九谷を眼下に一望出来る場所です。

四季折々の景色を楽しめますが、冷え込んだ風の無い、日の出直前直後の幻想的な景色は特におすすめ。
※東山魁夷の出世作「残照」のモチーフとなっている場所。

[ 住所 ] 千葉県君津市鹿野山東天峪119-1

[ 駐車場 ] 有
[ トイレ ] 有
[ URL ]
http://www.city-kimitsu.jp/kanko/spot/manabu/99tani-unkai.html

おすすめスポット 2

[ 施設名 ] マザー牧場

[ 施設の説明 ]
千葉の有名な観光牧場。

250ヘクタールの広大な牧場に牧畜が多数飼育されています。
動物イベント、羊の大行進は一見の価値あり。

牧場ならではの新鮮な牛乳を使ったソフトクリームがおすすめ。

先着順ですが、他と比べ安価にフルーツ狩りが楽しめます。
(例:イチゴ狩りは1人200円 + 果実代 200円/100g)
※駐車料金と入場料がかかりますのでご注意ください。

[ 住所 ] 千葉県富津市田倉940-3

[ TEL ]  043-937-3211

[ 営業時間 ] 季節で変動しますのでHPを確認してください。
[ 定休日 ] 季節で変動しますのでHPを確認してください。
[ 駐車場 ] 有(有料:300円)
[ 入場料金 ] 有(1,500円)
[ URL ]
http://www.motherfarm.co.jp/

安房グリーンライン

安房グリーンライン小松寺

千葉ツーリングでオススメの場所の2つ目は、国道345号線 安房グリーンラインです。

国道345号線 安房グリーンラインは、稲交差点から房総フラワーラインと交わるT字路までの区間がおすすめのルート。

この区間は綺麗な路面と見通しの良いワインディングが続く千葉ツーリングでおすすめの場所です。

ルート内に休憩スポットが無いので、事前に飲料等を購入されてから走られることをおすすめします。

※安房グリーンラインの起点は千葉県南房総市の千代から始まりますが、稲交差点までは住宅地がや田畑が多くツーリング向きの道ではありませんので、ルート選択時に注意してください。

安房グリーンラインの路面状況とアクセス方法

[ 道路状況 ]
路面は荒れている箇所はなく、とても綺麗です。
道路幅も広く視界が開けているので、どなたでも気持ち良く走ることが出来ます。

[ 目的地までのルート ]
国道127号線那古交差点を県道296号線和田方面へ⇒道の駅ちくら 潮風王国右折の看板が出た次の信号を右⇒安房グリーンライン。 

所要時間:約40分
※詳細ルートは下記Google Mapsをご確認ください。

[ Google Maps ] 
https://goo.gl/CEQxZP

安房グリーンラインのおすすめスポット

おすすめスポット1

[ 施設名 ] 
道の駅三芳村鄙の里(ひなのさと)

[ 施設の説明 ]
安房グリーンラインから少し入った千葉県道88号線沿いにある道の駅三芳村鄙の里(ひなのさと)は、無料の足湯や地元農家さんから仕入れた牛乳を使ったソフトクリームがおすすめの道の駅です。

施設が充実した道の駅なのでツーリング途中に立ち寄る場所としておすすめします。

※安房グリーンラインに休憩スポットが無いので、道の駅三芳村鄙の里(ひなのさと)で休憩をして、出発前にペットボトルの飲み物を購入されることをおすすめします。

[ 住所 ] 千葉県南房総市川田82-2

[ TEL ]  047-036-4116

[ 営業時間 ] 季節で変動しますのでHPを確認してください。
[ 定休日 ] 木曜日
[ 駐車場 ] 有
[ トイレ ] 有
[ 自動販売機 ]  有
[ URL ]
http://hinanosato.jp/index.html

おすすめスポット2

[ 施設名 ] ハンバーガーショップビンゴ (BINGO)

[ 施設の説明 ]
道の駅三芳村鄙の里(ひなのさと)内にある屋台で、お店で販売しているビンゴバーガーが有名。

このハンバーガーを食べることが目的でツーリングの目的地として訪れる人も多い。

こだわりのハンバーガーは黒毛和牛100%のパティと地元野菜を使用した少し大きめのハンバーガー。

お腹に余裕のある方は訪れた記念に、スーパービンゴバーガーへのチャレンジをおすすめします。
きっと良いツーリングの思い出になります。

※休日は開店とともに人が並ぶことがあります。パティが無くなり次第終了となりますので、来店の際は事前に問い合わせをされることをおすすめします。

[ 住所 ] 千葉県南房総市川田82-2

[ TEL ]  047-036-4116

[ 営業時間 ] 11:00-16:00 パティが無くなり次第終了
[ 定休日 ] 木曜日 (祝祭日は営業) 
[ 駐車場 ] 有
[ URL ]
http://www.bosolife.com/

おすすめスポット3

[ 施設名 ] 
檀特山 小松寺

[ 施設の説明 ]
檀特山 小松寺は、南房総で有名な紅葉の名所です。

国指定重要文化財や県指定有形文化財を多く所蔵することで知られる小松寺は、里見氏の財宝伝説や千有余年伝わる七不思議でも有名です。

[ 住所 ] 千葉県南房総市千倉町大貫1057

[ TEL ]  047-044-2502

[ 駐車場 ] 有
[ トイレ ] 有
[ URL ]
http://www.komatuji.com/index.html

国道410号線周辺

国道410号線三島ダム

千葉ツーリングでオススメの場所の3つ目は、国道410号線です。
国道410号線は、千葉県木更津市から千葉県館山市まで続く道で、千葉ツーリングの中で、ワインディングをロングツーリング出来るおすすめの場所です。

ルート周辺や道沿いに休憩スポットが多いので、千葉ツーリングで行く場所に悩まれている方におすすめ。

※千葉県南房総市の市場交差点から先は道路が混み始めますので、ルート選択時の参考にしてください。

国道410号線周辺の路面状況とアクセス方法

[ 道路状況 ]
ルート内の多くの路面が荒れています。
センターラインの無い見通しの悪い道と良い道が交互に続き、途中途中に狭い道や荒れた路面、暗く狭いトンネルといった少し危険な区間があります。
道の先の予測が出来ていないと危険な箇所がありますので、スピードの出しすぎには十分注意してください。

特に三島ダムと千葉県 酪農のさと周辺は道幅が狭く対向車とのすれ違いに注意が必要です。

[ 目的地までのルート ]
国道16号線アクアラインと分岐する交差点を410号茂原方面へ⇒谷中交差点を409号線方面へ⇒三箇交差点を茂原牛久方面へ⇒三高交差点を鴨川方面へ⇒俵田交差点を木更津方面へ⇒戸崎2交差点を久留里方面へ⇒加茂交差点を左折⇒安馬谷交差点を右折⇒北朝夷交差点を千倉海岸方面へ⇒国道410号線方面

所要時間:約1時間50分
※詳細ルートは下記Google Mapsをご確認ください。

[ Google Maps ] 
https://goo.gl/TvnOuc

国道410号線周辺のおすすめスポット

おすすめスポット1

[ 施設名 ] 
三島ダム(三島湖)

[ 施設の説明 ]
国道410号沿いにある三島ダムは、自由越流式余水吐という三島湖の水量が増えた際に自然とダムの淵から水が溢れ水量を調整する仕組みで、タイミングが合えばダムの淵から水が流れる光景を観ることが出来ます。

[ 住所 ] 千葉県君津市正木三島ダム

[ 駐車場 ] 有
[ トイレ ] 有
[ 売店 ] 無
[ 自動販売機 ]  無
[ URL ]
http://www.city-kimitsu.jp/kanko/spot/sizen/dam-misima.html

おすすめスポット2

[ 施設名 ] 
菜の花とうふ

[ 施設の説明 ]
手作りのお豆腐屋さんが販売している豆乳ソフトクリームがおすすめ。

※寒い季節は販売しない商品なので冬季はお店に問い合わせをお願いします。

お豆腐は国産の大粒大豆と伊豆大島産の天然にがりを使用している味のしっかりとした豆腐。
お土産に購入されることをおすすめします。

[ 住所 ] 千葉県鴨川市大川面1009-1

[ TEL ]  047-097-1787

[ 営業時間 ] 10:00-18:00
[ 定休日 ] 五十日定休(5日・10日・15日・20日・25日・30日)
[ URL ] 
http://nanohanatofu.com/

おすすめスポット3

[ 施設名 ] 
道の駅ちくら 潮風王国

[ 施設の説明 ]
道の駅ちくら 潮風王国は、施設が充実した道の駅です。
特に太平洋の魚介類の販売と、海の幸を食べさせてくれるお店が豊富です。

国道410号線のツーリングの目的地として最適。

※休日は道の駅ちくら・潮風王国までの道路と駐車場が混雑しますので、ツーリングルートの設定時には注意してください。

[ 住所 ] 千葉県南房総市千倉町千田1051

[ TEL ]  047-043-1811

[ 営業時間 ] 8:30-17:00
[ 定休日 ] 毎週水曜 ※1-4月・8月は無休
[ 駐車場 ] 有
[ トイレ ] 有
[ 自動販売機 ]  有
[ URL ] 
http://shiokaze-oukoku.jp/

銚子ドーバーライン

屏風ヶ浦

千葉ツーリングでオススメの場所の4つ目は、千葉県道286号線 銚子ドーバーラインです。

千葉県道286号線 銚子ドーバーラインは、東洋のドーバーと呼ばれる屏風ヶ浦を通る道です。

太平洋と風車を見ながら走ることが出来る千葉ツーリングおすすめの場所で、特に夕暮れの太平洋に夕日が沈む時間帯の走行がおすすめです。

※走行中は屏風ヶ浦の断崖絶壁を観ることが出来ませんが、銚子マリーナの駐車場から遊歩道を歩いて近くまで行けますので、東洋のドーバー屏風ヶ浦の絶景を楽しんでください。

銚子ドーバーラインの路面状況とアクセス方法

[ 道路状況 ]
路面商況は、地球の丸く見える丘展望館を過ぎて、犬吠埼灯台までの区間は道幅が狭く少し荒れています。
その個所以外は綺麗な路面で安心して走行できます。

海沿いの道なので海風が強い時があります。
軽いバイクにお乗りの方は十分注意してください。

[ 目的地までのルート ]
国道126号線三崎町二丁目交差点を犬吠埼方面へ⇒突き当りのT字路を右折⇒犬吠埼灯台

※詳細ルートは下記Google Mapsをご確認ください。

[ Google Maps ] 
https://goo.gl/cfKm0K

銚子ドーバーラインのおすすめスポット

おすすめスポット1

[ 施設名 ] 
地球の丸く見える丘展望館

[ 施設の説明 ]
初めて銚子ドーバーラインを走行する方は必ず行くべき、定番スポットです。

有料の施設ですが、屋上の展望スペースからの360度パノラマビューは必見。
遥か遠くの水平線に地球の丸さを観ることが出来ます。

[ 住所 ] 
千葉県銚子市天王台1421-1

[ TEL ]  047-925-0930

[ 営業時間 ]  季節で変動しますのでHPを確認してください。
[ 定休日 ] 年中無休(荒天時休館の場合あり)
[ 入場料金 ] 有(380円)
[ 駐車場 ] 有
[ URL ] 
http://www.choshikanko.com/tenbokan/

おすすめスポット2

[ 施設名 ] 
犬吠埼灯台

[ 施設の説明 ]
犬吠埼灯台は日本を代表する灯台で世界灯台100選、日本の灯台50選に選ばれている。
レンガ造の灯台で歴史的価値の高い灯台で国の登録有形文化財にも登録されている。

初日の出スポットとしても有名。
初めて銚子ドーバーラインを走行する方は必ず行くべき定番スポットです。

[ 住所 ] 
千葉県銚子市犬吠埼9576

[ TEL ] 
047-925-8239

[ 営業時間 ] 8:30 – 16:00 年中無休(荒天時休館の場合あり)
[ 定休日 ] 年中無休(荒天時休館の場合あり)
[ 入場料金 ] 有(200円)
[ 駐車場 ] 有
[ URL ] 
http://www.choshikanko.com/spot/00002.html

もみじロード

もみじロード

千葉ツーリングでオススメの場所の5つ目は、千葉県道182号線  もみじロードです。

千葉県道182号線  もみじロードは、見通しの良い緩やかなカーブが連続するワインディングロードです。

穏やかに時間の流れる山間の道で、ルート沿いにとても綺麗な湧水スポットもあり、千葉ツーリングで行く場所に悩まれている方におすすめのツーリングスポットです。

※もみじロードは千葉の有名な紅葉の名所で、例年11月下旬頃からが紅葉が始まり道沿い約1000本のもみじがとても綺麗な場所です。

もみじロードの路面状況とアクセス方法

[ 道路状況 ]
路面は少し荒れている箇所があります。

道路幅は一部狭い区間がありますが片側が山、片側が志駒川と視界が開けていてとても気持ち良く走ることが出来ます。

[ 目的地までのルート ]
国道127号線湊交差点を左折⇒千葉県道93号線(国道465号線)を直進し急な左カーブの先にある交差点を保田方面へ⇒もみじロード。 

所要時間:約25分
※詳細ルートは下記Google Mapsをご確認ください。

[ Google Maps ] 
https://goo.gl/OTFpr4

もみじロードのおすすめスポット

おすすめスポット1

[ 施設名 ] 
銘水滝の不動尊

[ 施設の説明 ]
もみじロードから少し入った場所にある地元の人にとても大事にされている湧水です。

千葉県道34号線 長狭街道から訪れた際は、もみじロードの最後に、国道465号線から訪れた際は、もみじロードの最初に。
ツーリング途中に立ち寄りやすい場所にある銘水滝の不動尊は休憩スポットに最適です。

※入り口が分かりづらいですので、詳細ルートは下記Google Mapsをご確認ください。

[ 住所 ] 千葉県富津市田原790

[ 駐車場 ] 有
[ トイレ ] 有
[ 売店 ] 有
[ Google Maps ] https://goo.gl/4HEaxv
[ URL ] 
http://www.city.futtsu.lg.jp/0000000475.html

隣県のツーリングで絶対に行くべき場所情報

バイクのブログには、千葉県と隣接する県のツーリング記事もございますので、広域のツーリングプランをお考えの際に是非参考にしてください。

神奈川県方面

千葉県からアクアラインを通って神奈川県へのツーリングをお考えの方はこちらの記事をお読みください。
神奈川ツーリングで絶対に行くべき場所!おすすめ5選!

埼玉県方面

千葉県から埼玉県へのツーリングをお考えの方はこちらの記事をお読みください。
埼玉ツーリングで絶対に行くべき場所!おすすめ5選!

ツーリングをより充実させる為の情報

初めてのツーリングプランを考えている方に、ロングツーリングを快適にする為の服装やツーリンググッズ、バイク用の防寒対策やプロテクターについて、知っているとバイクツーリングをより楽しめる記事をご紹介しますので、是非ご一読していただければ幸いです。

タンクバッグやツーリンググッズについて

ツーリングをより楽しむ為に、ぜひ揃えていただきたいグッズについて紹介している記事です。

バイクウエアや服装について

ツーリングに出掛ける際に、ぜひ揃えていただきたいバイクウエアについて紹介している記事です。

冬季のバイクツーリングで必要な防寒対策について

冬場の気温が低い時のバイクツーリングの防寒対策について紹介している記事です。

バイクプロテクターについて

ツーリングに出掛ける際に、ぜひ揃えていただきたい安全装備のプロテクターについて紹介している記事です。

季節と時間帯別のツーリングで注意する事について

急な降雨や冬季にツーリングを楽しむ方に、ライディングで知っていただきたい知識について紹介している記事です。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

千葉県は道路が混んでいる。海に囲まれている。といったイメージを持たれている方がいらっしゃいますが、海沿いを外せば隠れた内陸部のツーリングスポットが多く存在します。

しかし東京のベッドタウン千葉県他県と比べ、車の量が多いのも事実です。
千葉県のツーリングは車間を少し開けてゆったりと走り、観光や景観を楽しむツーリングスタイルがおすすめです。

千葉ツーリングでどこに行こうか迷われた際は、記事内の情報を参考にしていただき、千葉ツーリングの計画を立ててください。

Pocket

コメント

  1. 初心者 より:

    初めまして。
    千葉へのツーリングを考えている時にこのサイトを拝見しました。
    凄く分かりやすく、かつ見やすくてとても参考になりました。
    来月安房グリーンラインを走って来るつもりです。
    これからも更新頑張って下さい!

  2. 藤川 より:

    伊豆箱根まで行かなくても、まずは地元を堪能してから!
    北茨城と並んでお気に入りです
    ありがとうございます

コメントを残す

*