エンデュランスのバイク用マルチドライブレコーダーをご紹介

エンデュランス、マルチドライブレコーダー-アイキャッチ
Pocket

この記事を読まれている方は、バイクで走行中に交差点等で交通事故になりかけた経験がある方で、バイク用ドライブレコーダーの必要性を感じ情報を集めていらっしゃる方なのではないでしょうか。

エンデュランスのマルチドライブレコーダーは、別売りのオプションパーツの使用でヘルメットに装着する事が出来ますので、頭の向きに合わせて全方向を撮影することが可能ですが、昨今主流となりつつある前後にカメラを配置出来るタイプのドライブレコーダーと違い、固定で取り付けた場合、前後どちらかだけしか撮影できません。

防塵防水性能やWi-Fi機能の他に、本体の上下を反転させてローアングルから迫力のある映像を撮影することが可能ですが、Gセンサーやイベント録画機能といった突然の予期せぬ事故に遭遇した際に安心な機能が搭載されていません。

エンデュランスのマルチドライブレコーダーは、アクションカムとしての機能を重視したい方向きのドライブレコーダーですので、安心安全を優先したい方は、同社のツインカメラドライブレコーダーの購入を検討してみてください。

本文内では、そんなエンデュランスのマルチドライブレコーダーについてご紹介していますので是非参考にして下さい。

バイクにドライブレコーダーが必要な理由

バイクにドライブレコーダーは必要ないと考えている方もいらっしゃると思いますが、ツーリング時に法定速度で走行していると、車以外でも違法マフラーを装着しているバイクや、速度超過をしている原動機付き自転車、スクーターによる意図的な煽り運転で、不快な気分になった方も少なくないのではないでしょうか。

バイクは不安定な乗り物で、バランスを崩して転倒してしまうと大怪我や最悪の場合死亡してしまう場合もあり、煽り運転をされた際の危険は車以上です。

身の危険を感じる程の悪質な煽り運転に遭遇した際、証拠記録を残し後日捜査機関に提出することで、証拠不十分で捜査してもらえないという事態を回避することが出来ます。

また、煽り運転対策以外でも、意図せず突然交通事故の加害者や被害者になってしまった際、Gセンサー搭載のドライブレコーダーであれば、事故発生数秒前からの映像を残すことが出来ますので、万が一防犯カメラのない場所で事故に遭遇した際にも捜査機関に証拠として提出することで迅速な事故処理にも役立ちます。

このような理由から今やバイクにもドライブレコーダーは必須の装備となりつつあります。

マルチドライブレコーダーとは

エンデュランスーマルチドライブレコーダー
出典:エンデュランスストア

エンデュランスのマルチドライブレコーダーは、株式会社エンデュランスが販売している、アクションカムとしての機能を高めに設定しているバイク用ドライブレコーダーです。

防塵防水性や白飛びや黒つぶれを防ぐWDR機能等の基本機能の他に、撮像素子360万画素で、フレームレートを30fpsと60fpsのどちらかを選択可能。

他にも、Wi-Fi機能を搭載しているのでパソコンと接続しなくてもスマートフォンからSNSにすぐ共有可能など、エンターテイメント性の高さから人気のバイク用ドライブレコーダです。

しかし、Gセンサーや衝撃を感知してその前後を撮影し記録を残すイベント録画に対応していないなど、本来ドライブレコーダーに求められるべき性能は他の製品と比べ低めですので、購入の際は使用目的が何かのかを改めて考えて慎重に検討するようにしてください。

マルチドライブレコーダーの機能をご紹介

この章ではエンデュランスのバイク用ドライブレコーダー、マルチドライブレコーダーをご紹介します。

2K画質の映像をfps30と60で撮影可能

エンデュランスのマルチドライブレコーダーは、60fpsで2309×1296、30fpsで2560×1440の2K映像を撮影可能。

また、140°の広角撮影が可能な360万画素のカメラですので、臨場感のあるツーリングの記録映像を残すことが出来ます。

WDR搭載で光量不足でも鮮明な記録が残せる

エンデュランスのマルチドライブレコーダーは、内部の画像加工処理による乱れを軽減させながら、クッキリした画像に仕上げることが可能な、WDR機能を搭載していますので、夜間やトンネルの出口付近での黒つぶれ白飛びを軽減します。

Wi-Fi機能で簡単に共有可能

エンデュランスのマルチドライブレコーダは、本体にWi-Fiが内蔵されていますので、パソコンが無くてもスマートフォンで撮影された動画の確認と共有が可能です。

水や埃に対する強力な保護性能

エンデュランスのマルチドライブレコーダーは、雨天でも使用可能なIP57の防塵防水性能を持たせているからです。

IP57とは、動作に影響を及ぼす以上の粉塵が内部に侵入せず、規定条件で水中に浸しても内部に水が侵入しないとされていますので、ゲリラ豪雨や、砂埃が酷い場所を走行する際でも安心です。

防塵防水規格について

防塵防水規格はIPまたはIPXで等級が示されています。
以下にその読み方をご紹介します。

IPコードとは

IPまたはIPXで記されるIPとは、規格番号JIS C0920で定められた、電気機械器具の外郭による保護等級のことで、Ingress Protectionの略です。

後ろに続く数値は、人体及び個体/ 粉塵と有害な液体からの保護の強さをそれぞれ示しています。

  • 第一特性数字:人体及び個体/ 粉塵に対する保護
  • 第二特性数字:有害な影響を与える水の侵入に対する保護

例えばIP68は、個体/ 粉塵と液体両方から保護されることを表しています。

しかし、IPX8は、固形物/ 粉塵に対しての保護の表示を「未知数 X」として、液体の強さしか表していないということです。

防水性能だけを求める方はIPXの表示の製品でも構いませんが、バイクは排気ガスなど微細な粉塵が舞う中を走行する事が多いですので、IPで表示され、固形物/ 粉塵と液体両方からの保護を示しているドライブレコーダーの購入を強くオススメします。

第一特性数字(異物、塵挨に対する保護)

 この項では、第一特性数字の保護程度についてご紹介します。

第一特性数字 種類 保護の程度(固体)
0 無保護
1 50mmより大きい個体 侵入に対して保護される
2 12mmより大きい固体 侵入に対して保護される
3 2.5mmより大きい固体 侵入に対して保護される
4 1.0mmより大きい固体 侵入に対して保護される
5 防塵形 動作に影響を及ぼす以上の粉塵が内部に侵入しない
6 耐塵形 粉塵が内部に侵入しない
第二特性数字(水に対する保護)

 この項では、第二特性数字の保護程度についてご紹介します。

第二特性数字 種類 保護の程度(液体)
0 無保護
1 防滴Ⅰ形(鉛直に落ちてくる水滴) 保護される
2 防滴Ⅱ形(鉛直から15°の範囲で落ちてくる水滴) 保護される
3 防雨形(鉛直から60°の範囲で落ちてくる水滴) 保護される
4 防沫形(あらゆる方向からの飛沫) 保護される
5 防噴流形(あらゆる方向からの噴流水) 保護される
6 耐水形(あらゆる方向からの暴噴流) 保護される
7 防浸形(浸漬) 規定条件で水中に浸しても内部に水が侵入しない
8 水中形(水没)  常時水中に沈めても保護される

マルチドライブレコーダー購入時に注意が必要な点

エンデュランスのマルチドライブレコーダーを購入をする際に注意が必要なのは、万が一事故に遭遇した際の記録映像を残すことを目的としている方です。

マルチドライブレコーダーには、Gセンサーが搭載されていませんので、イベント録画がされることもありません。

また、前後にもカメラが搭載されていませんので、前方を固定で撮影していた際に後方で車間距離を詰められたり蛇行運転をされても、映像記録が残りませんので、ご注意ください。

煽り運転に関係する違反の摘発件数の推移

以下に2014年から2018年の車間距離保持違反の推移を記載します。

  全体件数 高速道路 一般道
2014 9,581 9,033 548
2015 8,173 7,571 602
2016 7,625 6,690 935
2017 7,133 6,139 994
2018 13,025 11,793 1,232

出典:内閣府

マルチカメラドライブレコーダーをご紹介

この章では、ではエンデュランスのバイク専用ドライブレコーダー、マルチドライブレコーダーをご紹介します。

エンデュランス マルチドライブレコーダー

商品情報

  • ブランド名:ENDURANCE (エンデュランス)
  • メーカー所在国:日本
  • 防水性能:IP57
  • 広角レンズ:140°
  • 画質:2K 1440p
  • 記録メモリー:microSDカード
  • 対応カード:最大128G 
  • Gセンサー:無し
  • 参考価格:¥23,760

おすすめポイント

  • アクションカメラ主体のドライブレコーダが欲しい方にオススメ
  • IP57の防塵防水仕様
  • 処理の軽いWDR仕様なので画像が乱れづらい
  • Wi-Fi内蔵なのでパソコンが無くてもスマートフォンで映像の確認が可能

ドライブレコーダーに関連する記事をご紹介

バイクのブログ内で、バイク専用ドライブレコーダーに関連する記事をご紹介します。

ツーリングをより充実させる為の記事をご紹介

バイクのブログ内で、ツーリングをより充実させる為の記事をご紹介します。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事では、エンデュランスのマルチドライブレコーダーご紹介しました。

エンデュランスのマルチドライブレコーダーは、ドライブレコーダーという名前の商品ですが、今社会問題になっている煽り運転や危険運転、事故に遭遇した際の保険として認知されているドライブレコーダーとは少し毛色が違い、アクションカムとしての機能を優先していますので、煽り運転や危険運転、万が一事故に遭遇した際に映像記録として捜査機関に提出可能な保険として購入を考えている方は、同社のツインカメラドライブレコーダーをオススメします。

本記事が、現在エンデュランスのマルチドライブレコーダーの購入を迷われている方の参考になりましたら幸いです。

Pocket

コメントを残す

*