ゴールドウインのバイク用プロテクターを部位別にご紹介

ゴールドウインのプロテクター
Pocket

この記事を読まれている方は、ゴールドウインのバイクプロテクターを購入検討されているのではないでしょうか。

バイク用のプロテクターは各社から多様な製品が販売されていますので、購入を検討する際にどれが良いのか悩んでしまいますよね。

そこで、この記事では、ゴールドウインのバイク用プロテクターについて、部位別に簡単なおすすめポイントと合わせてご紹介させていただきますので、購入を検討されている方は是非参考にしてください。

ゴールドウインとは

goldwin-top

出典:株式会社ゴールドウイン

株式会社ゴールドウインは、1951年に創業した会社で、最初は平編みで編んだ布地で作成した、靴下やセーター等の製品を作る会社でしたが、1963年に社名を現在の株式会社ゴールドウインに変更し現在に至ります。

スポーツのある豊かな暮らしを築き上げることを理念として掲げていて、長年使える高品質な製品を求める幅広い年齢層のライダーから支持されているメーカーです。

バイク事故での主な損傷部位構成比率

この章では、バイク事故での主な損傷部位構成比率についてご紹介します。

この記事を読まれている方は、安全意識の高い方なので、既にご存知の事と思われますが、以下に警視庁が毎年発表している二輪車の事故死亡者が損傷した主な部位の構成比率を記載します。

損傷部位 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 
全損 0.0% 2.5% 2.2% 5.3% 5% 0% 0%
頭部 40.9% 50.0% 40% 47.4% 50% 57.1% 47.5%
顔部 0.0% 2.5% 2.2% 0% 0% 2.9% 1.5%
頸部 9.1% 10.0% 8.9% 7.9% 7.5% 2.9% 7.4%
胸部 36.4% 30.0% 26.7% 23.7% 25% 22.9% 27.0%
腹部 6.8% 2.5% 11.1% 7.9% 7.5% 8.6% 7.8%
背部 0.0% 0.0% 0% 2.6% 0% 0% 0.5%
腰部 2.3% 2.5% 6.7% 2.6% 5% 5.7% 4.4%
腕部 0.0% 0.0% 0% 0% 0% 0% 0%
脚部 4.5% 0.0% 0% 2.6% 0% 0% 0.5%
その他 0.0% 0.0% 2.2% 0% 0% 0% 1.0%

出典:警視庁

この中で、頭部が一番高いですが、次いで高いのが、胸部へのダメージで、この構成比は過去に遡っても変わりません。

事故に遭遇した際の生存率を高める為にも、バイクのプロテクターを装着してバイクに乗られることを強くオススメします。

ゴールドウインのプロテクターを紹介

背部プロテクター

CE背ハードプロテクター

商品情報
  • ブランド名 :GOLDWIN(ゴールドウイン)
  • サイズ:フリーサイズ
  • 重量:590g
  • カラー:Black
  • 素材: ポリエチレン / ポリプロピレン
  • 安全規格:CE規格
  • 参考価格:¥7,839
おすすめポイント
  • ウエア装着型のCE規格ハードプロテクター
    ※2014年秋冬モデル以前のゴールドウインのレディースジャケットには装着できません
  • 標準装備プロテクターと入れ替えれば、プロテクション機能がさらに高められます
  • ポリエチレン発泡素材をベースとし、ポリプロピレンを縫い付けた二重構造

エアスルーバックプロテクター

商品情報
  • ブランド名 :GOLDWIN(ゴールドウイン)
  • サイズ:フリーサイズ
  • 重量:90.7g
  • カラー:Black
  • 素材: ポリエステル
  • 安全規格:-
  • 参考価格:¥2,906
おすすめポイント
  • ウエア装着型のソフトプロテクター
    ※2014年秋冬モデル以前のゴールドウインのレディースジャケットには装着できません
  • クッション素材には、弾力性と通気性に優れ、洗濯できるポリエステルの綿を適度に圧縮した衝撃吸収材を使用
  • 違い通気性があり真夏のライディングでもムレにくいエアスルータイプ

胸部プロテクター

CEチェストプロテクター(ハーネスベルト付き)

商品情報
  • ブランド名 :GOLDWIN(ゴールドウイン)
  • サイズ:フリーサイズ
  • 重量:481g
  • カラー:Black
  • 素材: ポリプロピレン
  • 安全規格:-
  • 参考価格:¥7,580
おすすめポイント
  • 衝撃を分散し胸部へのダメージを軽減するCE規格レベル1を取得した胸部一体型プロテクター
  • ハーネスベルト付きでプロテクター単体で着用が可能
  • 強度に優れたポリプロピレンを採用
  • 軽量で柔軟なハニカム構造のパッドが胸部へのフィット感を高め胸部への衝撃を緩和
  • ベース部分にエアーホールが設けられムレを軽減
  • ※ハーネス無しの場合2017年秋冬以降のゴールドウインモデルに対応

CE胸部プロテクター

商品情報
  • ブランド名 :GOLDWIN(ゴールドウイン)
  • サイズ:フリーサイズ
  • 重量:481g
  • カラー:Black
  • 素材: ポリプロピレン
  • 安全規格:-
  • 参考価格:¥7,580
おすすめポイント
  • 衝撃を分散し胸部へのダメージを軽減するCE規格レベル1を取得した胸部一体型プロテクター
  • ハーネスベルト付きでプロテクター単体で着用が可能
  • 強度に優れたポリプロピレンを採用
  • 軽量で柔軟なハニカム構造のパッドが胸部へのフィット感を高め胸部への衝撃を緩和
  • ベース部分にエアーホールが設けられムレを軽減
  • ※ハーネス無しの場合2017年秋冬以降のゴールドウインモデルに対応

肘プロテクター

エルボープロテクター

商品情報
  • ブランド名 :GOLDWIN(ゴールドウイン)
  • サイズ:フリーサイズ
  • 重量:299g
  • カラー:Black
  • 素材: ポリプロピレン
  • 安全規格:-
  • 参考価格:¥4,445
おすすめポイント
  • 強度のあるポリプロピレンを立体成型したハードシェルタイプ
  • 装着性フィット性に優れ、走行中の運動性を損なうことなく、肘をしっかりとガード
  • インナーや素肌の上に、クイックロンアジャスターで簡単装着が可能
  • 肘プロテクターのないジャケットを着る際でもプロテクション機能を高められます

膝プロテクター

ニーシンプロテクター

商品情報
  • ブランド名 :GOLDWIN(ゴールドウイン)
  • サイズ:フリーサイズ
  • 重量:299g
  • カラー:Black
  • 素材: ポリプロピレン
  • 安全規格:-
  • 参考価格:¥2,422
おすすめポイント
  • 膝と脛をしっかりとガードするハードシェルタイプのプロテクター
  • 装着性フィット性に優れ、走行中の運動性を損ないません
  • クイックロンアジャスターで、ジーンズやパンツの上にかんたんに装着可能

ニープロテクター

商品情報
  • ブランド名 :GOLDWIN(ゴールドウイン)
  • サイズ:フリーサイズ
  • 重量:200g
  • カラー:Black
  • 素材: ポリプロピレン / ポリエチレン
  • 安全規格:-
  • 参考価格:¥3,607
おすすめポイント
  • 強度のあるポリプロピレンを立体成型したハードシェルタイプのプロテクター
  • 装着性フィット性に優れ、走行中の運動性を損なうことなく、膝をしっかりとガード
  • 2本のクイックロンアジャスターでジーンズやパンツの上に簡単装着

ニーシンプロテクター

商品情報
  • ブランド名 :GOLDWIN(ゴールドウイン)
  • サイズ:フリーサイズ
  • 重量:299g
  • カラー:Black
  • 素材: ポリプロピレン / ポリエチレン
  • 安全規格:-
  • 参考価格:¥3,885
おすすめポイント
  • 強度のあるポリプロピレンを立体成型したハードシェルタイプの膝と脛用プロテクター
  • 装着性フィット性に優れ、走行中の運動性を損なうことなく膝と脛をしっかりとガード
  • ジーンズやパンツの上から装着でき保護性能を高められます

バイクプロテクターに関連する記事をご紹介

バイクのブログ内で、バイクプロテクターに関連する記事をご紹介します。

部位別のプロテクターをご紹介

メーカー別プロテクターのご紹介

バイクウエアや服装に関連する記事をご紹介

バイクのブログ内で、バイクウエアや服装に関連する記事をご紹介します。

バイクウエアや服装について

ツーリングに出掛ける際に、ぜひ揃えていただきたいバイクウエアについて紹介している記事です。

冬季のバイクツーリングで必要な防寒対策について

冬場の気温が低い時のバイクツーリングの防寒対策について紹介している記事です。

夏や雨天、寒暖差が激しい時間帯に注意する事について

急な降雨や冬季にツーリングを楽しむ方に、ライディングで知っていただきたい知識について紹介している記事です。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事では、ゴールドウインのプロテクターについて紹介させていただきました。

ゴールドウインは、自社のジャケットに挿入するタイプのプロテクターを多く販売していますが、別途装着するタイプのプロテクターも販売しています。

同じメーカーでしか使えないプロテクターはジャケットを買い替えた際に使えなくなる可能性が高く、買い替え時の選択肢を狭めてしまいますので、記事内では胸部プロテクターと背部プロテクター以外では別途装着するタイプのプロテクターを主に紹介しています。

この記事がゴールドウインのプロテクターを購入しようとされている方の参考になりましたら幸いです。

Pocket

コメントを残す

*