バイク防寒パンツの選び方と効果的な履き方、オススメ商品

バイク防寒パンツ
Pocket

この記事を読まれている方は、年初や夏季にバイクの免許を所得され、はじめての冬季を迎えて、日々冷え込みが厳しくなる中で、防寒対策にオーバーパンツや防風ジーンズを探している方なのではないでしょうか。

冬季でもバイクに乗車する方で、休日のツーリングに向けて、数多くのメディアを閲覧し、バイク防寒の記事を閲覧して情報を集められていることと思います。

この記事ではそんな方に、なぜバイク防寒パンツが必要なのかと、効果的な防寒パンツの履き方、合わせて、おすすめの防寒パンツを紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてください。

バイク防寒パンツがなぜ必要なのか

バイク防寒パンツ

この章では、バイク防寒パンツがなぜ必要なのかについてご説明します。

バイクの防寒対策に

厳冬期はもちろん夏場でも、早朝や夜間、標高が高い道を通る際、霧が出たりすると急激に気温が下がります。
バイク乗車時に体温が一度下がると、そこから再度体温を上昇させることは大変難しです。

ガタガタ震える程の寒さでは、早く暖かい場所に行きたいと気持ちが焦りはじめ速度オーバーをしたり、ライディングに集中出来なくなる可能性が高くとても危険です。

そんな事にならない為にも、下半身部分のバイク防寒をしっかりして、体から熱が逃げないようにする事が大切です。

レイヤリングで防寒対策をするため

バイク防寒で大切なのは、空気の層を作り熱を逃さないようにするレイヤリングを意識した服装をすることです。

レイヤリングには、肌に近い部分から以下の組み合わせで着ていくと、体から熱が逃げるのを遅くする事が出来ます。

  • ベース⇢高機能発熱インナー
  • ミドル⇢防風ジーンズ
  • アウター⇢オーバーパンツ

この記事をお読みの方はで、既に防風ジーンズを持っている方や、オーバーパンツはあるけど防風ジーンズを持っていないという方は、お持ちで無い方の防寒パンツを揃えるようにしましょう。

これから防寒パンツを買われる方は、耐久性があり色落ちを気にせず長年使えるオーバーパンツから買われる事をおすすめします。

バイク防寒パンツの種類

オーバーパンツ

オーバーパンツは、普段バイク乗車時に履いているているジーンズ等のパンツの上から重ねて履く防寒パンツです。

防風性の高いナイロンと、防寒に中綿が入っている商品が多く、冬季にバイクに乗る方には必須のバイク防寒パンツです。

オーバーパンツのメリット / デメリット

オーバーパンツのメリット
  • 安価に購入可能
  • 耐久性があるので一度購入すると長年使用可能
  • 外気温に合わせ脱ぎ着することが可能
オーバーパンツのデメリット
  • 安価な商品だと透湿性能がなく蒸れる可能性がある
  • 稀にエンジンの熱でが溶ける場合がある
  • シート上で多少滑りやすくなってしまう

防風ジーンズ

防風ジーンズは、冬季以外のシーズンに履いているジーンズと外見上は変わりませんが、防風性 / 透湿性を持ったフィルムを中間層に挟み込んだ高機能ジーンズです。

商品によっては、防寒性能を高める為、肌に触れる面に起毛加工がされている防風ジーンズもあります。

防風ジーンズのメリット / デメリット

防風ジーンズのメリット
  • 重ね履きの着ぶくれ感がない
  • バイク乗車時の服装やスタイルが崩れない
防風ジーンズのデメリット
  • 厳冬期防風ジーンズ一枚だけでは寒い
  • ポリウレタンフィルムを使用している商品は、約3年で加水分解が発生する可能性がある

バイク防寒パンツの効果的な履き方

この章では、バイク防寒パンツの効果的な履き方についてご説明します。

高機能インナーとの重ね着

防風防寒性能優れていオーバーパンツと防風ジーンズですが、レイヤリングのベースに該当する高機能インナーと組み合わせた重ね着をする事で、体から熱が逃げるまでの時間を遅くする事ができます。

効果な商品を購入しなくても、ユニクロやワークマンで販売している高機能インナーでも効果を感じられると思いますので、ぜひ試してみてください。

防風ジーンズとオーバーパンツの併用

オーバーパンツと防風ジーンズは別々に履いても、夏季にツーリングに出掛ける際に履いているパンツより優れた防風防寒性能がありますが、厳冬期は、バイクを降りた際に熱さを感じるくらい厳重に防寒対策をして、法定速度で走行しても体が冷えて寒さを感じます。

先にご説明したレイヤリングのミドルに該当する防風ジーンズと、アウターに該当するオーバーパンツを組み合わせることで、防風防寒性能が高まります。

結果として、体から熱が逃げるまでの時間を延ばす事が可能です。

防寒靴下との併用

レイヤリングを意識した服装で、バイク防寒パンツをしっかり履いても、足首から寒風が吹き込んできては、まったく意味がありません。

そんなことにならない為にも、少し長めの防寒靴下を履き、その中に高機能インナーの裾をいれて、寒風の吹き込みと熱が外部に逃げないように対策をしましょう。

これだけでも、効果的に空気の層を作ることできるので、おすすめのバイク防寒対策です。

※締め付けのきつい高機能インナーでは、足首が窮屈になり痛みを感じたり、血の巡りが悪くなる可能性がありますので、自己判断で調整をして、休憩時には血の巡りを良くするために軽いストレッチをするようにしましょう。

バイク防寒パンツの選び方

この章では、バイク防寒パンツの選び方についてご紹介します。

オーバーパンツの選び方

オーバーパンツの選び方についてご説明します。

透湿性能のあるものを選びましょう

オーバーパンツは透湿性がない素材を使っている商品が多く、少し暖かい日に長時間履いていると関節部分に汗をかいて蒸れてしまう事があります。

冬季の汗と蒸れが厄介な点は、最終的に冷えて汗冷えの原因になってしまう点です。

少し高めになってしまいますが、蒸れによる汗冷えが気になる方は、より透湿性のあるゴアテックス等の素材を使用しているオーバーパンツを買われることをオススメします。

防風ジーンズの選び方

防風ジーンズの選び方ににつてご説明します。

加水分解するポリウレタン素材の割合が低いものを選ぶ

防風ジーンズの防風フィルムにポリウレタンフィルムを使用してたり、素材にポリウレタンを多く使っている防風ジーンズは、約3年で加水分解という現象が起こりはじめ、防風性能が低下しはじめます。

久しぶりに防風ジーンズを履いたら、ジーンズがボロボロになっていたり、履き心地が悪くなっていた。
なんて事にならない為にも、ポリウレタン素材の比率と、どこに多く使われているのかに注意して選ぶようにしてください。

裾を入れるので少し大きめのサイズを選びましょう

バイク乗車時には、インナーダウンや、上下で高機能インナーを着て、裾をジーンズに入れるので、ウエスト回りにかなりの余裕がないときつくて苦しくなってしまいます。

防風ジーンズを選ぶ際は、ジャストサイズではなく、少し大きめのサイズを選び、ベルトでサイズを調整するようにしましょう。

おすすめのバイク防寒パンツをご紹介

以下におすすめのバイク防寒パンツをご紹介します。

EDWIN 503 ワイルドファイア E503WF-400

商品情報

  • ブランド名:EDWIN (エドウィン)
  • サイズ:28inch~38inchL
  • 素材:・ポリエステル / 綿
  • プロテクターの有無:有
  • 参考価格:¥9,720 

おすすめポイント

  • 冷たい風をさえぎり防風 / 保温 / 透湿 / 快適性を一本のジーンズで実現
  • 三層構造ストレッチデニム
  • 表地と起毛裏地の間に、防風 / 透湿をコントロールする特殊なフィルム素材を一体化
  • シルエットはエドウインの定番503がベース
  • 誰にでもスッキリとはきやすいレギュラーストレート
  • ストレッチ素材を使用しているので穿き心地抜群
  • チェック柄の裏地は肌触りのいい裏起毛設計

ウインドガードデニムパンツ RR7463

商品情報

  • ブランド名:ラフ&ロード (ROUGH&ROAD)
  • サイズ:M / L / LL / XL
  • 素材:ウインドガードデニム
  • プロテクターの有無:有
  • 参考価格:¥9,440 

おすすめポイント

  • ウインドガードが外気を遮断体温低下を抑えます
  • ルーズフィット仕様で快適なフィット感
  • ウエストパッドとニーパッドを標準装備で高い安全性を誇ります
  • 寒い季節はアンダーパンツを併用することでウインターパンツとしても使えます

RR7463ルーズフィットのサイズ調整方法

出典:You Tube

スーパーフィット ウォーム デニムジーンズ WJ-921S

商品情報

  • ブランド名:KOMINE(コミネ)
  • サイズ:WS / WM / WL / S / M / L / XL / 2XL / 3XL / 4XLB / 5XLB
  • 素材:コットン / ポリエステル
  • プロテクターの有無:有
  • 参考価格:¥14,618 

おすすめポイント

  • 温かく動きやすい防風ジーンズ
  • 防風保温の機能を持つ3層構造生地を全面に使用
  • 生地自体の伸縮性に加え、膝と腰に設けたシャーリングを採用
  • 膝とサイドにもプロテクターが入っているので転倒時も安心

オールウェザーオーバーパンツ SDW-8108A

商品情報

  • ブランド名:NANKAI(ナンカイ)
  • サイズ:M / L / XL / LB / LL / LLB / MB
  • 素材:ナイロン / ポリエステル
  • プロテクターの有無:無
  • 参考価格:¥4,297 

おすすめポイント

  • 基本機能に徹しコストを抑え込んだ冬走行の定番アイテム
  • 裾に反射パイピングを装着し夜間の被視認性が向上

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

バイク防寒パンツが何故必要なのかと、どのうように防寒パンツを履いたら、より効果的に防寒対策が出来るのかについてご紹介させていただきました。

厳冬期にバイクで走ると、どんなに防寒対策をしても少しの寒さを感じながら走る事になります。

しかし、隙間風の侵入を抑えて、空気の層を作り、熱が逃げないようなレイヤリングを意識した服装をすることで、熱が逃げるのを遅らせて快適に走れる時間を長くすることが出来ます。

この記事が防寒対策で悩まれている方の参考になりましたら幸いです。

Pocket

コメントを残す

*