バイクパンツ夏の暑さ対策効果的でおすすめの履き方と選び方

バイク夏パンツ
Pocket

この記事を読まれている方は、梅雨前に気温が高い日のツーリングで、汗だくになり、本格的なシーズン前にジャケット以外の暑さ対策に、夏パンツを揃えようと、情報を集めていらっしゃる方なのではないでしょうか。

しかしメッシュジャケットは、風が通り過ぎて寒いと感じていて、メッシュパンツの購入に不安を感じてもいる事と思います。

この記事ではそんな方に、バイクの夏ツーリングに、なぜ夏パンツが必要なのかと、朝晩や標高の高い場所を走行した際の防寒面等で効果的な履き方ご紹介します。

記事の最後に、おすすめのバイク夏パンツについても記載していますので、ぜひ参考にしてください。

夏のバイクツーリングについて

バイク夏パンツ

暑くても絶対半ズボン等肌を露出してバイクに乗らない

映画やドラマで、夏バイクに半袖で乗車しているシーンが映ると、気持ち良さそうに見えるかもしれませんが、完全にイメージだけで、本当はとても暑いです。

日焼け対策をしていないと、夜お風呂に入れないほどヒリヒリと痛むほど日焼けをしてしまう事もあります。

夏のツーリングは、自分のバイクのエンジンの熱はもちろん。
日差しを遮るものがない炎天下の直射日光にさらされますし、アスファルトからの照り返しでとても高温になります。

絶対に半袖半ズボン等の肌を露出した状態での乗車はやめましょう。

この記事内には、夏でも快適にツーリングを楽しむ服装について記載していますので、是非参考にしてください。

バイクツーリングになぜ夏用パンツがなぜ必要なのか

この章では、バイク夏用パンツがなぜ必要なのかについてご説明します。

真夏の暑さ対策

バイク夏用パンツが必要な第一の理由は暑さ対策です。

多くのライダーが、夏用メッシュジャケットで上半身は対策をされていますが、下半身はそんなに汗をかかないので、吸汗速乾冷感インナーだけで済ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、真夏のバイクツーリングは、標高の高い山間部以外の走行はとても暑く、夏の暑さ対策をしていない服装で走行していると、軽い熱中症の症状が出ることもあり危険です。

特に市街地では、遮るものが無い中、炎天下で直射日光にさらされますし、信号で停車した際は、乗用車やトラックのエンジンや排気の熱で、汗を大量にかきます。

そんな時に、メッシュ加工された夏用のパンツを履いていれば、パンツ内に溜まった汗を、効率的に放出し体温を下げる事が可能で、より快適にバイクツーリングを楽しむ事が出来ます。

パンツ内部の蒸れ対策

バイク夏用パンツが必要な第二の理由は暑さ対策です。

大量にかいた汗が効率的に放出されず、パンツ内に溜まり続けると、内部が蒸し風呂状態になり、最終的に体温調整機能が乱れて、熱中症になってしまいます。

そんな時に、メッシュ加工された夏用のパンツを履いていれば、パンツ内に溜まった暑い空気を、効率的に放出し体温を下げる事が出来、より快適にバイクツーリングを楽しむ事が出来ます。

熱中症にならない為には、内部の蒸れをいかに抑えて、体温調整機能を正常に保ち続けるかがとても大事です。

熱中症について

熱中症は、暑さ指数(WGBTが28度を超えると、熱中症にかかりやすくなるため注意が必要です。

熱中症の症状重症度 主な症状を簡単に記載します。

  • 重症度1⇢気分の不快感 / めまい / 立ちくらみ / 大量の発汗
  • 重症度2⇢頭痛 / 倦怠感 / 吐き気
  • 重症度3⇢意識がない / 高い体温 / 痙攣 / 歩行障害

重症度1の症状が出た際は、そのまま走行を続けずに、必ず日陰等の涼しい場所で休み、スポーツドリンクなどで水分とミネラルを補給してください。

以下より、暑さ指数(WGBT)の値を調べる事が出来ますので、ツーリングに出かけられる際に調べられる事をおすすめします。

バイク乗車時の怪我対策

バイク専用の夏パンツには、プロテクターが標準で内臓されている事が多いです。

夏はバイクだけではなく、行楽に出掛ける人が多い季節なので、いつもはスイスイ走れるワインディングも渋滞したり、運転に不慣れな人が運転する車やバイクが多く走行します。

突然の飛び出しや、ウインカーを付けず巻き込みも確認しないで車線を変更する車など、事故に遭遇する確率も高くなります。

そんな万が一の際にも後悔しない為にも、バイク専用の夏パンツを履くようにしましょう。

バイク夏パンツの効果的な履き方

この章では、バイク夏用パンツの効果的な履き方についてご説明します。

吸汗速乾冷感インナーとの重ね着

真夏のバイクツーリングでは、夏パンツと組み合わせることで、最強の冷却性能をはっきします。

少し走行風が当たるだけで、内部の蒸れた空気が抜けて、吸汗速乾インナーが肌をサラリとドライに保ってくれますので、夏の信号待ちでじっとり汗をかいても、走行していれば不快感が解消されます。

少し冷えすぎる面もあるので、夏の夜間に山間部や標高が高い場所を走る際は注意が必要です。

事項で、防寒についてご説明します。

防寒インナーとの併用との重ね着

真夏でも、夜間早朝や標高の高い場所を走行すると、気温が10度代という事もあります。
そんな時には、冬用の防寒インナーを内部に着ることで、少しの間寒さから身を護る事ができます。

暖かくなってきたら、インナーを夏用に着替えるなどして調整しましょう。

いままで朝晩の寒さを我慢して走っていた方は是非試してください。

バイク夏パンツの選び方

この章では、プロテクターが入っているか等バイク夏用パンツの選び方についてご紹介します。

プロテクターが入っているか

普段着のジーンズと違い、バイク専用の夏パンツを買うのですから、膝とスネ部分にプロテクターが入っているパンツを選びましょう。

夏は行楽シーズンで、平日休日関係なく、道路は渋滞しますし、ホリデードライバーやライダーが増えますし、夜間に山間部を走行していたら、急に鹿が飛び出してきて衝突なんていうことも有るかもしれません。

事故はどこでどのように遭遇するかわかりませんし、転倒事故では、膝や足首などの可動部に重症を負う可能性が高いですので、別にプロテクターをお持ちの方以外は、最初からプロテクターが入っている夏用パンツを選びましょう。

メッシュの粗さ

メッシュの粗さが細かいと風が効率よく排出されませんし、荒すぎると、夏パンツ単体で履いた際に透けてしまってるんじゃないかと不安になります。

しかしメッシュの荒いパンツが良いかというとそうでもありません。

簡単に理由を説明します。

  • 細かいメッシュ⇢風を通りにくいので夜間や早朝でも冷えづらい
  • 荒いメッシュ⇢風が良く通りやすいので夜間や早朝は冷えすぎる

頻繁にバイクツーリングへ行く場所を考えて選ぶ

例えば、以下に記載するライダーは同じ装備では、走れない可能性が高いです。

  • 都市部は渋滞するので早朝に首都圏を抜けて高原を走りたい方
  • 日中近場のツーリングスポットを少し走って夕方くらいに帰りたい方

主に早朝夜間や高原と気温が低い場所をメインに走り、気温の高い都市部には日中いない方は、フルメッシュではなく、一部にメッシュ使った夏パンツがオススメです。

日中の都市部や平地をメインに走る方は、フルメッシュで風が良く抜けるタイプの夏パンツがオススメです。

このように、何処を走るのかをイメージして選ぶようにしましょう。

おすすめのバイク夏パンツをご紹介

以下に、おすすめのバイク夏パンツをご紹介します。

Honda メッシュデニムスタイルパンツ 0SYEX-X23-VLL

商品情報

  • ブランド名:Honda(ホンダ)
  • サイズ:S / M / L / LL / 3L / 4L
  • 素材:ポリエステル / コットン
  • プロテクターの有無:有
  • 参考価格:¥8,390 

おすすめポイント

  • 夏に快適なメッシュ素材を採用
  • バイクを降りて歩いても街並に溶け込むデザイン
  • 立体裁断にすることで、ライディング時の履き心地の良さも追求
  • 補強面で採用したデニム素材が、ひと味違ったアクセントに
  • バックポケットには、ワンポイントのウイングマークを設定
  • 膝には脱着式EVAプロテクターを標準装備

Honda プロテクトメッシュライディングパンツ 0SYEJ-Y2B-KM

商品情報

  • ブランド名:Honda(ホンダ)
  • サイズ:S / M / L / LL / 3L / 4L
  • 素材:ポリエステル
  • プロテクターの有無:有
  • 参考価格:¥14,581

おすすめポイント

  • ライディングに必要な機能が充実したメッシュパンツ
  • CE規格ハードニープロテクターは外ポケットで脱着可能
  • 膝プロテクターは3段階のベルクロ位置調整
  • 3Dパターンが快適なフィッティングを実現
  • 滑り止めヒップパッチを採用
  • 膝には伸縮シャーリングパネルを採用し、屈伸の動きを妨げません
  • 夜間被視認性を高めるリフレクターを各所に配置

コミネ ライディングメッシュジーンズII PK-710

商品情報

  • ブランド名:Komine(コミネ)
  • サイズ:XS~6XLB
  • 素材:ポリエステル / ナイロン
  • プロテクターの有無:有
  • 参考価格:¥9,267

おすすめポイント

  • シンプルでどんな車種にも合わせやすいジーンズスタイルのメッシュパンツ
  • 膝と腰横にプロテクターを設定
  • 夜間の視認性を高めるリフレクターを装備

ラフアンドロード バリアクロスメッシュパンツ RR7506

商品情報

  • ブランド名:ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)
  • サイズ:S / M / LL
  • 素材:スパックスメッシュ
  • プロテクターの有無:有
  • 参考価格:¥9,440

おすすめポイント

  • 夏の太陽光と熱さを遮断しするメッシュパンツ
  • 高い引き裂き強度を持つジーンズ
  • ストレスのない履き心地で、シティーユースからロングディスタンスまでこなします
  • プロテクターを膝とウエストに装備

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

バイク夏用パンツが何故必要なのかと、夏パンツの選び方や、より効果的履き方についてご紹介させていただきました。

真夏にバイクで走る際に、暑さ対策をせずに半袖の服装で走ると、みかけとは裏腹にとても暑くて後悔することになるので、絶対やめましょう。

ツーリングへは、走行する時間を意識して、夏パンツを含め暑さ対策をしたバイク専用の服装で出掛けるようにしてください。

この記事がバイク夏パンツの選び方で悩まれている方の参考になりましたら幸いです。

Pocket

コメントを残す

*