ラフアンドロードのおすすめバイクレインウェアをご紹介!

ラフアンドロードのレインウェア
Pocket

この記事を読まれている方は、新しくバイク用のレインウェアを購入される方や、買い替を検討されていて、ラフアンドロードのレインウェアについて情報を調べていらっしゃる方なのではないでしょうか。

バイク用のレインウェアは各社から多様な製品が販売されていますので、購入を検討する際にどれが良いのか悩んでしまいますよね。

そこで、この記事では、初めてレインウェアを購入される方や、買い替えを検討されている方に向けて、ラフアンドロードのレインウェアをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ラフアンドロードとは

ラフアンドロードシートバッグトップ

出典:株式会社ラフアンドロードスポーツ

株式会社ラフアンドロードスポーツは、1983年に創業したバイク用品メーカーです。

お客様の声をヒントにしながら、ライダーに求められる製品を作っていくという基本理念を大事にしている会社で、その製品は、幅位広い年齢層のライダーから支持されています。

バイクレインウェアの効果的な使い方

この章では、バイクレインウェアの効果的な使い方についてご説明します。

レイングローブとの併用

バイクレインウェアの効果的な使い方でおすすめなのが、レイングローブとの併用です。

雨天やツーリング先での降雨時に晴天時に使用しているグローブには簡易的な撥水機能が備わっているかもしれませんが、夏用のメッシュやパンチングレザーのグローブでは、すぐに手全体が濡れてしまいます。

グローブが濡れはじめると、早く目的に付きたいという気持ちの焦りや、水分を含んで不快なグローブがレバーやスロットルの操作に影響が出てしまうので、とても危険です。

また、夜間や山間部など気温が低い時間や場所を走行する際、濡れた部分に走行風があたると真夏でも感覚が鈍くなってしまいます。

このような事態に陥らない気持ちの余裕を持つためにも、雨天や遠出のツーリングの際は、レインウェアと一緒に完全防水のレイングローブを持参し使用するようにしましょう。

※レインウェアの商品構成はジャケットとパンツのセット販売ですので、レイングローブは別途の購入となります。

ブーツカバーとの併用

バイクレインウェアの効果的な使い方でおすすめなのが、ブーツカバーとの併用です。

多くの方がバイクに乗車する際は、バイク専用の防水ライディングシューズを履いているし、レインウェアのパンツも履くのでブーツカバーは必要ないと思われるのではないでしょうか。

しかし、ライディングシューズは防水使用でも、ライディングシューズの履き口や紐靴であればアイレット部分からの浸水や、ギアチェンジでレインウェアの裾部分がずり上がった部分からの浸水。

対向車やご自身が深い轍を走行して跳ね上げた雨水で濡れる等、様々な理由で気がついたらライディングシューズ内部がビショビショになっていたという事があります。

爪先や足裏が長時間濡れた状態だと、不快感でライディングに集中できませんし、水虫になる可能性もありますので、気持ちの余裕を持つためにも、雨天や遠出のツーリングの際は、レインウェアと一緒にブーツカバーを持参するようにしましょう。

※レインウェアの商品構成はジャケットとパンツのセット販売ですので、ブーツカバーは別途の購入となります。

バイクレインウェアの選び方

バイク用レインウェアを選ぶ際に大事なのは大きく以下の三つです。

  • 雨天での視認性を向上させるリフレクターの有無。
  • 走行風でバタつかないようにする絞りといったアジャスタの有無
  • 浸水や蒸れを防ぐ防水性と透湿性の有無

上記意外にも選ぶ際の注意は、バイクのブログ内の以下記事にてご紹介していますので、ぜひご一読ください。
バイク用レインウェアの選び方を紹介

ラフアンドロードのバイクレインウェアをご紹介

この章では、ラフアンドロードのバイクレインウェアをご紹介します。

ラフアンドロードのレインウェアの耐水圧と透湿性は非公開となっています。

生地内の耐水圧と透湿性に関しましては、本社に問い合わせをしてお聞きしてこのくらいの数値は担保していますとの回答をいただいた値ですので参考にしてください。

ラフアンドロードではバイクに乗車時の携帯性を向上させるために、生地のコーティングを薄くし裏地に工夫をしています。

ツーリング時に携帯するレインウェア一式は荷物になりますので、高い透湿性や耐水圧を取るか、少し妥協して携帯性を取るか、ご自身のライディングスタイルと平均的な乗車時間を考慮して購入するようにしてください。

デュアルテックスBIBレインスーツ

商品情報

  • ブランド名 : ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)
  • サイズ : S / M / L / LL  / XL / BL
  • カラー : プラチナシルバー / ライトブラウン / オレンジ
  • 耐水圧 : 約10,000mm
  • 透湿性 : 約6,000〜8,000g/m²/24h
  • バタつき防止機能 : ○
  • ベンチレーション : ○
  • リフレクター : ○
  • 参考価格 :  ¥13,419

おすすめポイント

  • 背中のファスナーを開くことで荷物を背負ったまま着用可能
  • 襟のスペーサーがヘルメットとの隙間からの浸水を防止
  • バタ付き防止のアジャスターを装備
  • ずり上がり防止ループと防雨アンクルフラップで裾部分からの浸水を防止
  • リフレクタープリントで被視認性を向上

デュアルテックスレインスーツ

商品情報

  • ブランド名 : ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)
  • サイズ : LD / M / L / LL  / XL / BM / BL
  • カラー : プラチナシルバー / ブラック / オレンジ
  • 耐水圧 : 約10,000mm
  • 透湿性 : 約6,000〜8,000g/m²/24h
  • バタつき防止機能 : ○
  • ベンチレーション : ○
  • リフレクター : ○
  • 参考価格 :  ¥9,481

おすすめポイント

  • 襟のスペーサーがヘルメットとの隙間からの浸水を防止
  • バタ付き防止のアジャスターを装備
  • ずり上がり防止ループと防雨アンクルフラップで裾部分からの浸水を防止
  • 取外し式フード付き
  • リフレクタープリントで被視認性を向上

デュアルテックスコンパクトレインスーツ

商品情報

  • ブランド名 : ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)
  • サイズ : LD / M / L / LL  / XL / BM / BL
  • カラー : ブラック / ダイアゴナルシルバー / ダイアゴナルワイン / オーシャンブルー / オレンジ / プラチナシルバー
  • 耐水圧 : 約10,000mm
  • 透湿性 : 約6,000〜8,000g/m²/24h
  • バタつき防止機能 : ○
  • ベンチレーション : ○
  • リフレクター : ○
  • 縫い目から水のしみ込み抑止 : ?
  • 参考価格 :  ¥7,618

おすすめポイント

  • 軽量で収納時は手のひらに乗るサイズのコンパクトなレインウェア
  • 襟のスペーサーがヘルメットとの隙間からの浸水を防止
  • バタ付き防止のアジャスターを装備
  • ずり上がり防止ループと防雨アンクルフラップで裾部分からの浸水を防止
  • リフレクタープリントで被視認性を向上

コンパクトブーツカバーショート

商品情報

  • ブランド名 : ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)
  • サイズ : M / L
  • カラー : ブラック
  • リフレクター : ○
  • 参考価格 :  ¥3,132

おすすめポイント

  • ライディングシューズにピッタリなショートタイプのブーツカバー
  • 調整用ストラップベルトとゴムシャーリングを装備
  • リフレクターが夜間の安全性を確保
  • 防水コーティングのブーツカバー
  • 簡単着用可能なので雨天時でも苦になりません

コンパクトブーツカバーロング

商品情報

  • ブランド名 : ROUGH&ROAD(ラフアンドロード)
  • サイズ : M / L
  • カラー : ブラック
  • リフレクター : ○
  • 参考価格 :  ¥3,456

おすすめポイント

  • オフロードブーツにピッタリなロングタイプのブーツカバー
  • 調整用ストラップベルトとゴムシャーリングを装備
  • リフレクターが夜間の安全性を確保
  • 防水コーティングのブーツカバー
  • 簡単着用可能なので雨天時でも苦になりません

バイク用レインウェアに関連する記事をご紹介

バイクのブログ内で、バイク用レインウェアに関連する記事をご紹介します。

バイク用レインウェアの選び方とメンテナンス方法

バイク用レインウェアメーカー別記事

バイクで雨の日に走行する際の注意と対処法

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事ではラフアンドロードのバイクレインウェアをご紹介しました。

ラフアンドロードのレインウェアは、ツーリング時に携帯する荷物をコンパクトにまとめたい方にオススメです。

この記事が現在ラフアンドロードのレインウェアの購入で迷われている方の参考になりましたら幸いです。

Pocket

コメントを残す

*