バイクジーンズプロテクター入りおすすめ商品で擦過傷を防ぐ

バイクジーンズプロテクター
Pocket

この記事を読まれている方は、安全に対する意識が高く、プロテクターに関心がある方で、普段バイクに乗車する際の服装はジーンズスタイルが多いのではないでしょうか。

しかし、衣類の上から装着するタイプはあまり好みではなく、インナーにプロテクターが入ったバイクジーンズを探している事と思います。

そんな方に向けて、この記事では、プロテクター付バイクジーンズについて、なぜ履くひつようがあるのか / 選び方 / 効果的な使い方についてご紹介します。

記事の最後に、おすすめの商品についても記載していますので、ぜひ参考にしてください。

プロテクター付きジーンズを履くべき理由

バイクジーンズプロテクター

バイクに乗車してツーリングをされる際に、多くのライダーがプロテクターの入っていないタウンユースのジーンズを履いています。

頭部はSNELL規格のヘルメットを被り、プロテクターの入ったジャケットやグローブをしているのに、下半身の保護は驚くほど軽微です。

以下にプロテクター内蔵ジーンズを履くべき理由をご説明します。

転倒事故の際に脚部を保護する為

脚部は、事故で重症を負い死亡する可能性は低いですが、バイク事故で転倒した際に、打撲や捻挫したり、バイクと一緒に滑走したら酷い擦り傷を負う可能性がとても高いです。

擦過傷を負った際、傷口にアスファルトや砂粒、ジーンズの繊維がくっついてしまったりすると、病院でかなり苦しむ事になります。

そんなことにならない為にも、カジュアルなスタイルでバイクに乗車してツーリングを楽しむ際には、プロテクター内蔵のバイク専用ジーンズを履くようにしましょう。

外見からプロテクターが付いている事がわからない為

プロテクターを付けたくない理由の一つに、プロテクターが入ってる事を周囲に知られると、素人や初心者に見られ舐められるのが嫌だというのが有ります。

プロテクター付きジーンズは、外部に付けるタイプのプロテクターと違い、ジーンズの内側にプロテクターが付いているので、外見からプロテクターの存在を知られる心配がありません。

カジュアルなスタイルを崩さなくても良い為

ジーンズタイプの製品なので、プロテクション性能を考えて革パンツや、ジーンズの上から付けるハードプロテクターを検討する必要がありません。

今まで、ジーンズに合わせてカジュアルなスタイルでバイクに乗車していて、ジャケットやグローブも合わせてコーディネートしいた方におすすめです。

プロテクター付きジーンズの選び方

この章では、プロテクター付きジーンズの選び方についてご紹介します。

耐摩耗性に優れた素材

摩耗とは物質の表面が擦れ削られたりして、 物質の一方もしくは双方が消耗することです。

耐摩耗性が高い素材のジーンズを選ぶ事で、バイク事故で転倒してアスファルトの上を滑走した際、ジーンズとアスファルトが擦れてジーンズが破け、酷い擦過傷を負う可能性を低くする事が出来ます。

引張強さと引裂き強さに優れた素材を選ぶ

「引き裂き強さ」と「引張強さ」ですが、テストの方法が違う別の指標で、何も無い状態でのジーンズの強さと、ジーンズにダメージを受けた状態での強さを知る為にも、選ぶ際に必要な知識です。

ジーンズの厚さにもよりますが、タウンユースのジーンズの値を以下に記載しますので、参考にしてください。

  • 引張り強さ⇢980N
  • 引き裂き強さ⇢49N

初めて聞く名称という方も多いと思いますので、以下にテストの内容と、何の目安になるかを記載します。

引張強さ

引張り強さ / 引張強度とは、織物を破断するまで引っ張ったときの強度を測定し計測します。

織物を縦横に引っ張った際に、どのくらいまで耐えられるかの目安になります。

一般的なテスト方法は、ストリップ法とグラブ法があり、その詳細は「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」で決まっています。

引裂き強さ

引裂き強さ / 引裂き強度とは、試験する織物を5枚用意し試験片の両つかみの中央に切れ込みを入れ、引裂き強度を測定します。

織物にダメージを受けた状態で繊維がどのくらい耐えられるかの目安になります。

一般的なテスト方法は、ペンジュラム法 / JIS法 /ISO法等があり、その詳細は「JIS L 1096織物及び編物の生地試験方法」で決まっています。

内蔵プロテクターの性能

折角内蔵されているプロテクターも、樹脂の塊のようなものでは、衝撃も吸収してくれません。

最低限CE規格を通ったプロテクターが付いたジーンズを選びましょう

バイク膝プロテクターの効果的な使い方

この章では、プロテクター付きジーンズの効果的な履き方についてご説明します。

胸部プロテクターとの併用

警視庁が毎年発表しているバイクの事故死亡者が損傷した主な部位の構成比率を記載します。

この中で、頭部 に次いで高いのが、胸部へのダメージで、この構成比は過去に遡っても変わりません。

この事から、事故に遭遇した際の生存率を高める為にも、胸部プロテクターも併用される事をオススメします。

損傷部位 2014年 2015年 2016年 2017年
全損 2.2% 5.3% 5% 0%
頭部 40% 47.4% 50% 57.1%
顔部 2.2% 0% 0% 2.9%
頸部 8.9% 7.9% 7.5% 2.9%
胸部 26.7% 23.7% 25% 22.9%
腹部 11.1% 7.9% 7.5% 8.6%
背部 0% 2.6% 0% 0%
腰部 6.7% 2.6% 5% 5.7%
腕部 0% 0% 0% 0%
脚部 0% 2.6% 0% 0%
その他 2.2% 0% 0% 0%

出典:警視庁

おすすめのプロテクター付きジーンズをご紹介

以下に、おすすめのプロテクター付きジーンズをご紹介します。

BERIK プロテクション内蔵 ストレッチケブラーデニム パンツ 177351

商品情報

  • ブランド名:BERIK(ベリック)
  • サイズ:26インチ〜36インチ
  • 素材:コットン / ケブラー
  • プロテクターの有無:有(両膝)
  • 対応シーズン:春夏秋冬
  • 参考価格:¥16,632

おすすめポイント

  • 10オンスのデニムと同じ重さの鋼鉄と比べて5倍の強度を持つケブラーを採用
  • CE規格レベル2よりも最大35%以上の保護能力をもつimpacTec使用
  • プロテクター位置を調節可能

ダイネーゼ TIVOLI REGULAR JEANS Y17

商品情報

  • ブランド名:DAINESE(ダイネーゼジャパン)
  • サイズ:28インチ〜44インチ
  • 素材:コットン / ケブラー
  • プロテクターの有無:有(両膝)
  • 対応シーズン:春夏秋冬
  • 参考価格:¥40,827

おすすめポイント

  • 定番のクラッシックレギュラーフィットデニムタイプ
  • 膝のソフトプロテクターにはCE規格を通過したPro-Armorを装備
  • 安全性も高く、より軽く履きやすいデニム
  • アラミド繊維を織り込んで仕上げた破れにくい生地にケブラー素材を裏面に採用
  • 膝プロテクターは上下に高さを調整可能
  • 裾をロールアップするとリフレクター素材があらわれます

コミネ WJ-742R KV ジーンズ

商品情報

  • ブランド名:Komine(コミネ)
  • サイズ:26インチ〜46インチ
  • 素材:ケブラー
  • プロテクターの有無:有(両膝)
  • 対応シーズン:春夏秋冬
  • 参考価格:¥9,110

おすすめポイント

  • レギュラーフィットのストレッチジーンズタイプ
  • 両膝に高強度生地ケブラーを補強として使用
  • 着脱可能なCE規格を通過したプロテクターを装備
  • 別売りハードプロテクターへの換装も可能
  • ロールアップすることで裾裏のリフレクターを使用可能

おすすめのバイク胸部プロテクターをご紹介

以下に、おすすめのバイク胸部プロテクターをご紹介します。

コミネ スプリームボディプロテクター SK-688

商品情報

  • ブランド名 : Komine(コミネ)
  • サイズ:M / L / XL / 2XL / LADIES
  • 素材:ポリエステル / ナイロン / ポリプロピレン
  • 安全規格:-
  • 参考価格:¥5,236

おすすめポイント

  • 胸部と脊椎をしっかり保護するボディプロテクター
  • 体の動きにしっかり追従するプラスチックシェルを装備
  • バックプロテクターに加え胸部の保護には男女で形状の異なるシェルを採用
  • 立体メッシュを内側パッドに使用

コミネ マルチチェストプロテクター SK-695

商品情報

  • ブランド名 : Komine(コミネ)
  • サイズ:Freee Size
  • 素材:ポリエステル / ナイロン / ポリプロピレン
  • 安全規格:-
  • 参考価格:¥3,077

おすすめポイント

  • 新形プラスチックシェルを使用した胸部プロテクター
  • SK-692と合体させてボディプロテクターとしても使用可能

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

プロテクター付きジーンズが必要な理由、選び方と効果的な使い方についてをご紹介させていただきました。

バイクは転倒した際、膝を付いたり、速度が出ていると滑走して、擦過傷を負う可能性がとても高いですので、耐摩耗性や引張り強さや引裂き強さがに優れ、プロテクションが入った、バイク専用のプロテクションジーンズを履いて、後悔しないようにしましょう。

この記事をお読みの方が、万が一の際に後悔されない事を願っています。

Pocket

コメントを残す

*