バイクの防寒対策を体の部位別に、その理由を一緒にご紹介!

バイク防寒
Pocket

バイクが好きな方や、冬季でも温暖な地域にお住まいの方は、冬や春先、季節の変わり目など、寒い日にもバイクに乗車してツーリングを楽しまれるのではないでしょうか。

しかし、バイク走行時は、防寒だけではなく、防風対策もしっかりしていないと、裾などの隙間から寒風が入りこむこともあります。

また、防寒対策をしていないと、冷気が伝わり体温を奪っていきます。
ツーリングで目的地に向かう際は寒さを我慢できても、帰宅の時間帯は、太陽が沈みはじめ気温も下がり、ライディングがとても辛くなることがあります。

この記事では、電熱ウェア等の電装品ではなく、バイク乗車時に着用する衣類等で出来る防寒対策を「 頭 / 首回り 」「 上半身 」「 下半身 」「 手 / 指先 」の部位別にご紹介しています。

本記事内でご紹介するバイク防寒対策を、冬や寒い日にバイクに乗る際の防寒対策の参考にしてください。

寒くてつらい、指先が痛い等の変化を感じたら、無理せず休憩し体や指先等、末端の熱を回復させましょう。

※2015年11月19日に公開した記事を一部の情報を修正し、2018年5月24日に再公開しています。

バイク防寒の大切さ

バイク防寒で大切なのは、「温かさを保つ:保温」「風の侵入を防ぐ:防風」この二点です。

寒さで凍えると、注意力散漫になり「クラッチ」「スロットル」「前後ブレーキ」「ギアチェンジ」の操作が疎かになり、運転に集中できなくなるためです。

また、早く目的地に着きたいと、焦ってしまい正常な思考が出来なくなってしまいます。

深部体温を37度に保つようにする

人間の深部体温は通常37度が平均とされています。
寒さがどれくらい人間に影響を及ぼすかについてですが、深部体温が36度では体が熱を作り出そうとガタガタ震え。

深部体温が35度付近では意識状態は低下し、見当識障害(自分の状況が正しく認識できなくなる。)が現れるとされています。

※深部体温とは、温度計で測る体温とは違います。

頭 / 首回り

バイク防寒-首回り

フルフェイスヘルメット

ジェットタイプのヘルメットは顎の部分が覆われていないので、外気に触れている部分から熱が奪われて冷えてしまいます。
「フルフェイスヘルメット」は、ジェットタイプと違い顎の部分まで覆われているので、外気に触れている部分が少なくなります。

「フルフェイスヘルメット」は、外気に触れる部分が少なく、熱を奪われ難くなりますので、防寒に有効です。

バイク防寒対策ではいかに外気に触れる部分を少なくするかが大事ですので、参考にしてください。

バイクのブログ内の、ヘルメットの選び方に関する記事で、詳しくご紹介していますので、ぜひご一読ください。
バイクヘルメットの選び方とおすすめメーカーの商品をご紹介

おすすめのバイクヘルメットをご紹介

以下におすすめのヘルメットをご紹介します。

※ご紹介している価格は2018年5月8日時点のものです。

Arai RX-7X
商品情報
  • ブランド名:Arai(アライ) 
  • ヘルメットタイプ :フルフェイス
  • 安全規格 : JIS / SNELL / MFJ公認
  • 参考価格 :  ¥47,935
SHOEI X-Fourteen
商品情報
  • ブランド名:SHOEI(ショウエイ)
  • ヘルメットタイプ :フルフェイス
  • 安全規格 : JIS / SNELL / MFJ公認
  • 参考価格 : ¥49,230 

おすすめのヘルメットシールドをご紹介

ここでは、おすすめのヘルメットシールドをご紹介します。

※ご紹介している価格は2018年6月1日時点のものです。

アライ VAS-V ダブルレンズシールド セミスモーク
商品情報
  • ブランド名:ARAI(アライ) 
  • 曇り抑制:○
  • 参考価格:¥8,417

VAS-V ダブルレンズシールドをオススメする理由

出典:You Tube

ブレスガード / ブレスシャッター

冬や寒い日にフルフェイスヘルメットを被りバイクに乗っていると、自身の呼気でヘルメットのシールドが曇ってしまうことがあります。
自身の呼気でシールドが曇ると、視界不良で運転に集中出来なくなり危険です。

ヘルメットにはメーカーが対策用品を「ブレスシャッター」や「ブレスガード」の名称で販売しています。
冬や寒い日にフルフェイスヘルメットを被る際は、「ブレスシャッター」や「ブレスガード」を使われることをおすすめします。

ネックウォーマー

バイクで走行していて、首回りに何も防寒対策をしていないと首回りから寒風が入り体全体の熱が奪われ冷えていきます。

おすすめは、ウインドストッパー素材のネックウォーマーです。
ウインドストッパーは防風性が高く、首周りに巻いて少しヘルメット内に押し込めば、首周りから熱が逃げず凍え難くなります。

バイク防寒対策に「ネックウォーマー」を使われることをおすすめします。

おすすめのネックウォーマーをご紹介

以下におすすめのネックウォーマーをご紹介します。

ラフアンドロード 防風ネックウォーマー極寒 RR5884
商品情報
  • ブランド名:ラフ&ロード (ROUGH&ROAD)
  • 防風素材 :ウインドストッパー®フリース
  • 参考価格 : ¥2,924 
ラフアンドロード 防風マルチウォーマー極寒 RR5873
商品情報
  • ブランド名:ラフ&ロード (ROUGH&ROAD)
  • 防風素材 :ウインドストッパー®フリース
  • 参考価格 : ¥2,945

上半身

バイク防寒-上半身

発熱インナー / 防風インナージャケット

バイク防寒では、冬ジャケットの下に、発熱インナー / 防風インナージャケットを揃えて着る事で、体と外気の間に空気の層を作る「レイヤリング」を意識した服装をすることで、バイク乗車時に熱を奪われ難くなります。

上半身のレイヤリングを簡単に説明すると以下のように分類されます。

  • ベース⇢発熱インナー
  • ミドル⇢薄手の防風インナージャケット
  • アウター⇢冬ジャケット

レイヤリングとは、地肌に近い部分に着るベースレイヤーの発熱インナーが熱を作り、ミドルレイヤーの防風インナージャケットで空気の層をつくり、熱を蓄えるという防寒の考え方です。

バイク防寒は、隙間風を防ぎ、いかに熱を蓄えられるかが大事です。
これからバイク防寒のアイテムを揃えられ方には、発熱インナー / 防風インナージャケットを併用されることをオススメします。

バイクのブログ内の、防寒インナーの選び方に関する記事で、詳しくご紹介していますので、ぜひご一読ください。
バイクインナー防寒の選び方とおすすめ発熱防風インナー紹介

おすすめの防寒インナーをご紹介

ここでは、おすすめの防寒インナーをご紹介します。

mont-bell スーパーメリノウール ラウンドネックシャツ
商品情報
  • ブランド名:mont-bell(モンベル)
  • サイズ:S / M / L / XL
  • 素材:スーパーメリノウール
  • 参考価格:¥5,451 
mont-bell スーパーメリノウール タイツ
商品情報
  • ブランド名:mont-bell(モンベル)
  • サイズ:S / M / L / XL
  • 素材:スーパーメリノウール
  • 参考価格:¥7,560
RSタイチ ヒートジェネレーターエックス ハイネックアンダーシャツ RSU966
商品情報
  • ブランド名 : RSタイチ(アールエスタイチ) 
  • サイズ : WM / WL / S / M / L / XL / 2XL / 3XL
  • 素材:ポリエステル
  • 参考価格 : ¥7,452
RSタイチ ヒートジェネレーターエックス ハイネックアンダーパンツ RSU969
商品情報
  • ブランド名 : RSタイチ(アールエスタイチ) 
  • サイズ : WM / WL / S / M / L / XL / 2XL / 3XL
  • 素材:ポリエステル
  • 参考価格 : ¥9,350
パワーエイジ 防水防風透湿インナー PI-7401
商品情報
  • ブランド名 : POWERAGE(パワーエイジ) 
  • サイズ : WM / WL / M / L / XL
  • 重量 : 約-g
  • 参考価格 : ¥7,776
RSタイチ 防水インナージャケット RSU264
商品情報
  • ブランド名 : RSタイチ(アールエスタイチ) 
  • サイズ : S / M / L / XL / 2XL / 3XL
  • 重量 : 約200g
  • 参考価格 : ¥4,771
ディゾン ウルトラライトダウンコート
商品情報
  • ブランド名 : dizoon (ディゾン) 
  • サイズ : S / M / L / XL / XXL / XXXL
  • 重量 : 約192g
  • 参考価格 : ¥6,500

ウエア / 冬ジャケット

冬のバイクツーリングに出掛ける際は、「ウインタージャケット」を着用しましょう。

「レザージャケット」は厳冬期では「防風性能」は高いですが、「防寒性能」は「ウインタージャケット」に劣ります。
「スリーシーズンジャケット」はメッシュ加工が一部されているものもあり、秋冬春用でも、「防風性能」「防寒性能」は「ウインタージャケット」に劣ります。

「ウインタージャケット」で走行時に気温が上昇して暑くなっても、多くの製品には「ベンチレーション」や「ベントシステム」が備わっていますので、ある程度の気温差に対応できます。

走行時に胸部付近で受ける風に対して、防風性能が高くないと、体温が奪われるまでの時間が短くなります。

バイク防寒対策に「ウインタージャケット」を使われることをおすすめします。

バイクのブログ内の、ウインタージャケットの選び方に関する記事で、詳しくご紹介していますので、ぜひご一読ください。
冬のバイク用ウインタージャケット選び方と男女別おすすめ商品を紹介!

※「発熱インナー」と「インナーダウン」を合わせて使用することで、バイク防寒の効果がより高まります。

おすすめバイク冬ジャケットをご紹介

この記事では、ワールドスーパーバイクやモトGPという最高峰のバイクレースでレーシングスーツを提供しているメーカーのライディングジャケットをご紹介します。

※ご紹介している価格は2018年5月10日時点のものです。

アルパインスターズ ボルケーノドライスタージャケット
商品情報
  • ブランド名:alpinestars(アルパインスターズ) 
  • サイズ : S / M / L / XL / 2XL
  • ジャケットタイプ : ウインタージャケット
  • プロテクター : 有(肩 / 肘 / 背)
    CE規格プロテクター : 肩 / 肘
  • 取り外しインナー : 有
  • ブランドロゴ主張度 : 中
  • 参考価格 :  ¥28,322
アルパインスターズ ボゴタ ドライスター ジャケット
商品情報
  • ブランド名:alpinestars(アルパインスターズ) 
  • サイズ : S / M / L / XL / 2XL
  • ジャケットタイプ : ウインタージャケット
  • プロテクター : 有(肩 / 肘 / 背)
    CE規格プロテクター : 肩 / 肘
  • 取り外しインナー : 有
  • ブランドロゴ主張度 : 中
  • 参考価格 : ¥42,160

下半身

バイク防寒-下半身

防風ジーンズ / オーバーパンツ

バイク防寒には、防風と透湿に優れた特殊フィルムを使用している「防風ジーンズ」と、ジーンズなどパンツの上に重ね着する「オーバーパンツ」を揃えられる事をオススメします。

下半身の「レイヤリング」対策としても有効で、走行時に下半身で受ける風や寒さから体温が奪われるまでの時間を大幅に伸ばしてくれます。

下半身のレイヤリングを簡単に説明すると以下のように分類されます。

  • ベース⇢発熱インナー
  • ミドル⇢防風ジーンズ
  • アウター⇢オーバーパンツ

冬や寒い日バイクに乗る際は、熱が奪われないような服装をするかが大事です。

バイク防寒対策をお考えの方には、防風ジーンズ / オーバーパンツを組み合わせて使用されることをオススメします。

バイクのブログ内の、防寒パンツの選び方に関する記事で、詳しくご紹介していますので、ぜひご一読ください。
バイク防寒パンツの選び方と効果的な履き方、オススメ商品

おすすめのバイク防寒パンツをご紹介

以下におすすめのバイク防寒パンツをご紹介します。

EDWIN 503 ワイルドファイア E503WF-400
商品情報
  • ブランド名:EDWIN (エドウィン)
  • サイズ:28inch~38inchL
  • 素材:・ポリエステル / 綿
  • プロテクターの有無:有
  • 参考価格:¥9,720 
ウインドガードデニムパンツ RR7463
商品情報
  • ブランド名:ラフ&ロード (ROUGH&ROAD)
  • サイズ:M / L / LL / XL
  • 素材:ウインドガードデニム
  • プロテクターの有無:有
  • 参考価格:¥9,440 
スーパーフィット ウォーム デニムジーンズ WJ-921S
商品情報
  • ブランド名:KOMINE(コミネ)
  • サイズ:WS / WM / WL / S / M / L / XL / 2XL / 3XL / 4XLB / 5XLB
  • 素材:コットン / ポリエステル
  • プロテクターの有無:有
  • 参考価格:¥14,618 
オールウェザーオーバーパンツ SDW-8108A
商品情報
  • ブランド名:NANKAI(ナンカイ)
  • サイズ:M / L / XL / LB / LL / LLB / MB
  • 素材:ナイロン / ポリエステル
  • プロテクターの有無:無
  • 参考価格:¥4,297 

手 / 指先

バイク防寒-手袋

防寒インナーグローブ

バイク防寒対策で、グローブの中に空気の層を作る「レイヤリング」をすることで、「保温性」高めることが出来ます。

指先の冷え対策や、保温に優れた加工がしてある商品もあり、熱が奪われるまでの時間を長くしてくれます。

バイク防寒対策に「インナーグローブ」を使われることをおすすめします。

※「ウインターグローブ」と合わせて使用することで、バイク防寒の効果がより高まります。

バイクのブログ内の、防寒インナーグローブの選び方に関する記事で、詳しくご紹介していますので、ぜひご一読ください。
インナー グローブ防寒で冬ツーリングにオススメの商品

おすすめの防寒インナーグローブをご紹介

以下におすすめの防寒インナーグローブをご紹介します。

ゴールドウイン ウインドブロックインナーグローブ  GSM16559
商品情報
  • ブランド名 :GOLDWIN(ゴールドウイン) 
  • サイズ : S / M / L / O
  • 素材: サーマストレッチ / 防風フリース / ナイロン/ ポリエステル
  • 参考価格 : ¥2,700
山城 BodyRegulator インナーグローブ YKI-004
商品情報
  • ブランド名 : YAMASHIRO(山城) 
  • サイズ :WS / S / M / L / XL
  • 素材: ポリエステル
  • 参考価格 : ¥2,484

ウインターグローブ

冬や寒い日にバイクに乗ると、走行風がグリップを握る手に当たり冷えてきます。
「オールシーズン対応グローブ」では、厳冬期の寒さに耐える性能はありません。

「ウインターグローブ」は「保温性」「防風性」「透湿性」に優れ、熱が奪われるまでの時間を長くしてくれます。

バイク防寒対策に「ウインターグローブ」を使われることをおすすめします。

※「インナーグローブ」と合わせて使用することで、バイク防寒の効果がより高まります。

バイクのブログ内の、防寒グローブの選び方に関する記事で、詳しくご紹介していますので、ぜひご一読ください。
バイク防寒グローブ初心者が失敗しない選び方

おすすめのバイク防寒グローブをご紹介

ここでは、おすすめのバイク防寒グローブをご紹介します。

※ご紹介している価格は2018年5月31日時点のものです。

RSタイチ  アームドウインターグローブ RST628
商品情報
  • ブランド名:RSタイチ (アールエスタイチ) 
  • サイズ : S / M / L / XL / XXL
  • グローブの種類 : ショート
  • スマホの操作: 可
  • 素材
    表地 : 合成皮革 / 牛革/ 山羊革 / ナイロン/ ネオプレン
    内装 : ポリエステル
    防水ライナー : ドライマスター
    中綿 : ポリエステル
  • プロテクション: ○
  • 参考価格 :  ¥10,692
RSタイチ ソニック ウインターグローブ RST626
商品情報
  • ブランド名:RSタイチ (アールエスタイチ) 
  • サイズ : S / M / L / XL
  • グローブの種類 : ロング
  • スマホの操作: 不可
  • 素材
    表地 : ナイロン / 合成皮革 / 牛革 / ポリウレタン / ネオプレン / ポリエステル
    内装 : ポリエステル
    防水ライナー : ドライマスター
    中綿 : ポリエステル
  • プロテクション: ○
  • 参考価格 :  ¥11,664

冬季にバイクツーリングを楽しむ際に絶対知っておくべき情報

冬季にバイクに乗車してツーリングを楽しむ前に、頭に入れていただきたい情報を紹介している記事です。

バイク冬ツーリングで絶対に知っておくべき注意点

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

冬や寒い日にバイクで走ると、寒いですが、風の侵入を防ぐ「防風」と熱を逃がさない「保温」をしっかりと考えて防寒対策をすれば、距離にもよりますが、そこまで凍えずに走ることができます。

高価な電装品を購入される前に、この記事で紹介している方法をバイク防寒の参考にしてみてください。

Pocket

コメントを残す

*